安全・安心のインプラント手術

ガイド(ステント)を使って難症例にも対応安全・安心のインプラント手術
顎の骨が薄かったり、埋入位置に神経が近かったりすると、手術中に危険が伴う場合があります。こうした難症例には手術中にガイドを用いて対応します。ガイドとはインプラント手術の時に使う穴の開いたマウスピースのことで、その穴を指針にしてインプラントを正確に埋入することができます。

CTデータと歯型の模型を技工所に送ると、二つを重ね合わせたデータが送られてきます。Simplant(シンプラント)システムという専用のソフトウェアを用いて正確な埋入位置を割り出して、それをもとに手術用のガイドの制作を依頼します。この手術用ガイドを用いることで、1mmもずれの生じることのない「ジャストな位置」にインプラントを埋入することが出来るようになりました。

ガイド(ステント)を用いた症例はこちら

院内をクローズしてインプラント手術に集中
インプラント手術がある時は、他の診療予約は一切入れません。スタッフ全員でインプラント手術に対応することで手術に集中することができ、一つひとつの作業をていねいに確実で手順よく進めることができます。患者さんも周りの雑音に惑わされずに済むので不安がなくなり、安心して治療を受けていただけます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております