智歯(親知らず)に小矯正(MTM)を用いた症例 Y.O様

【治療前】
症例
右下の第2大臼歯が割れてしまったため抜歯を余儀なくされました。
その後ろの右下の親知らずが水平に生えており、これを抜歯して第2大臼歯部へ移植しようかと考えましたが、抜歯してしまうと歯の神経が死んでしまいます。なんとか生かしたまま活用できないかと小矯正治療を試みました。

【治療】
症例右下第一、第二小臼歯および第一大臼歯を固定源として、アップライトワイヤーと矯正用のゴムを用いて、約一年間小矯正を行い、親知らずを第2大臼歯の位置へ誘導しました。神経を失わずに済んで患者さんも喜んでおられました。

治療期間:約1年 治療費:20万円

「要らないものを要るところへ」
非常に理のある治療かと思います。当院では、このような小矯正だけではなく、歯の移植も積極的に行っています。
移植=トランスプラントです。
インプラントの前にトランスプラントの可能性を探してみるのも大切なことです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております