上下顎の多数歯欠損をインプラント治療により補綴した症例 K様

【治療前】
症例
症例症例

上顎には両側にわたる大きな義歯、下顎には左下のみの義歯が装着されていましたが、患者さんは取り外しをしなくてもよい治療を希望されておられたので、インプラント治療をお勧めしました。

【治療】
症例
下顎は骨量も十分あり、インプラント治療にて3本欠損を回復するのは比較的容易でした。
患者さんは同様に上顎にもインプラント治療を希望されましたが、左右ともに上顎洞底までの距離が最薄部で2mm程度しか無く、インプラントを支える十分な骨はありませんでした。
症例
そこでソケットリフトテクニックを用いて、左右上顎に骨を増生していくことにしました。
左右平行して、各々6ヶ月の期間を置きながら3回ずつのソケットリフトを行いました。
3年近くかかりましたが、上顎左右ともに6mmのインプラントを3本ずつ埋入することができました。

【治療後】
症例
症例インプラント治療により上下顎ともに義歯を装着しなくて済むようになり、患者さんも非常に喜ばれておりました。
症例症例

治療期間:約4年 治療費:420万円

インプラント治療には「絶対無理」ということが少なくなりました。
当院では様々なテクニックを用いて骨を回復させることを試みております。
このように期間が必要な症例も出てきますが、一緒に頑張って頂いた先には、まるで自分の歯が戻ってきたかのように食べ物を美味しく食べられる日が来るかもしれません。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております