抜かない・削らない・痛くない治療

当院のモットー
当院のモットーは
抜かない・削らない・痛くない治療を心がけることです。

できる限り抜かずに、歯の延命に努めます。
できる限り削らずに、歯への刺激を少なくします。
できる限り痛くなく、怖くない治療に努めます。

私がまだ大学院生の頃、ご指導して下さっている先生の患者さんが、ある日「歯が腫れた」と急患で来院されました。その患者さんは上下ともに全部入れ歯を入れておられましたが、下の顎には一本だけご自身の歯が残っていて「縁の下の力持ちをしてもらっているのよ」と大切にしておられました。その日は、とうとうその歯が腫れてしまって、どうにも入れ歯を入れることが出来なくなってしまっていました。

入れ歯を入れられなければお食事をすることができません。先生もなんとか説得されて、その場で抜歯することになりました。患者さんもそれでは仕方がないと納得されていましたが、抜歯が終わったあと抜かれた最期の歯を見つめて、涙を流されているシーンを今でも鮮明に覚えています。そして我々もまた心を傷めたものでした。

歯は人間が持って生まれたものであり、全ての歯、一本一本にそこに生えている理由があります。
現代日本の歯科医師は、悪い歯をただいたずらに削ったり、抜くために存在するわけではありません。なるべく虫歯や歯周病にならないよう患者さんのデンタルIQを上げるお手伝いをして、もし症状が悪化しても、最小の歯科治療(MI:ミリマル・インターベンション)に努めて、精一杯歯の保存に努めるよう在るべきだと思います。

歯の冠部分がほとんど無くなってしまったような残根状態(C4と呼びます)の歯でも、今では抜くことなく冠を被せられる技術があります。歯を支える歯槽骨が溶けてしまう歯周病が悪化して、歯が揺れて痛くて咬めない症状が出ても、日々のブラッシングを改善して適切な歯周治療を行えば、抜かないで再び咬める日がくるかもしれません。

近年には、エムドゲインやGTRを用いた歯槽骨再生を目的とした高度な歯周治療が確立されました。最近では、歯周病治療薬のリグロスが保険適用され、患者さんの費用負担も少なく再生治療を受けることも出来るようになりました。また当院では、歯周病治療薬ペリソルブを用いて、病原菌の溶解・無菌化により歯槽骨の再生を目指すという最新の手技も取り入れております。

また治療に当たっても「麻酔の痛さがそもそも嫌だ」という患者さんの気持ちを十二分に理解しています。
それ以前に当医院は、患者さんに「痛いことをされに行く場所」と思われることが何よりも嫌ですので、痛くない麻酔・感じない麻酔技術に関して、日々研鑽に励んでおります。
そして、多くの患者さんから「削られるときのあの音が恐怖だ」というのもよく耳にします。なるべく削らないで虫歯の部分だけを溶解して除去するペリソルブというお薬、また小児用のキッズソルブというお薬も常備しております。お気軽にご相談下さい。

我々も痛い歯科治療は怖いですし、歯はなるべく削られたくないし、もちろん歯が抜けること・抜かれることの恐怖は人一倍だと思っております。とにかく「親身になって治療する」ということを何よりも心がけております。

裏話にはなりますが、歯科医師として親身な治療を心がけているからこそ、治療の一部始終を見られているスタッフに「私も治療をお願いしたいのですけど」と依頼されることが、一所懸命頑張ってやってきて良かったなと思える至上のときでもあったりします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております