当院の入れ歯作りの特徴

当院の入れ歯作りの特徴合わない入れ歯を使っていると、支えている歯ぐきが痛いばかりか、骨が痩せていってしまい、余計に入れ歯が合わなくなっていきます。また、入れ歯を掛けている歯が動きに揺さぶられることにより、その歯の寿命まで短くしてしまうことになります。

では、入れ歯を支えるバネを多く使えばより安定するかといえば、あながちそうとも言い切れません。複雑な入れ歯は壊れやすく、そして修理しにくいことが多く、汚れも溜まりやすいことから、支えている歯のむし歯にもつながります。入れ歯もやはりシンプルイズザベスト。機能的なバネを最小限に効果的に配置して、壊れにくく清潔を保ちやすい形にするべきです。

・どうやったら動きを最小限に抑えられるか、入れ歯は物理です
・外れないようにすることは当然です
・咬んで沈まないようにすることが痛みの回避につながります
・横揺れしないようにして、支えている歯や歯ぐきを守ります

当院では、いつでもインプラント治療にも対応できるように入れ歯を設計し、なるべくコンパクトな動かない入れ歯を提供しています。

保険でもしっかり咬める入れ歯当院の入れ歯作りの特徴
「保険の入れ歯だから限界はある」とは思っておりません。保険治療でもしっかり咬める入れ歯を提供させて頂いております。まずは入れ歯の技術を信じていただくことを何よりも念頭に置いております。

ブリッジやインプラントなどの固定式の装置に比べて、入れ歯の最大の弱点は「日々取り外しをしなければいけない」ところにあり、その結果壊れやすいのは仕方のないことです。ご使用中の入れ歯に少しでも異変を感じたらすぐに相談に来てください。早めに修理、調整すれば、再び快適に使えるようになります。まずは保険の義歯でご満足を頂いてから、より快適な金属床、ノンクラスプデンチャー、コーヌスデンチャー、インプラントサポートデンチャーと更なる選択肢をご検討頂きたいと思います。

優秀な技工士が精密な入れ歯を作る当院の入れ歯作りの特徴
入れ歯治療は歯科医師と歯科技工士の共同で行う治療です。ドクターの診断力や技術力が際立っていても、技工士の技能が伴っていなければ、動かない入れ歯を作ることはできません。普通技工士にはそれぞれ得意分野があり、金属床は得意でもインプラント義歯は苦手という場合も珍しくありません。当院の技工士は、バリエーションが豊富で、金属床やインプラント義歯等、幅広く対応することができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております